« 大塚愛さん、妊娠 入籍後初のワンマンライブで明かす | トップページ | 超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定! »

2010年9月12日 (日)

金獅子賞はコッポラ監督の「サムウェア」

 【ベネチア=恩田泰子】今月1日からイタリア北部のベネチアで開かれていた第67回ベネチア国際映画祭が、11日夜(日本時間12日未明)、すべての賞の結果を発表して閉幕した。

 最高賞の金獅子賞は、アメリカのソフィア・コッポラ監督「サムウェア」が獲得。毎日をふわふわと漂うように生きていたハリウッド俳優が、久々に自分の娘と過ごしながら、新たな人生の方向性を見いだしていくまでを自然なタッチで描いている。

 日本からコンペティション部門に出品されていたトラン・アン・ユン監督「ノルウェイの森」、三池崇史監督「十三人の刺客」の受賞はなかった。

 そのほかの主な受賞結果は次の通り。

 ▽銀獅子賞(監督賞)アレックス・デ・ラ・イグレシア=(「トランペットの悲しいバラード」)▽審査員特別賞=「エッセンシャル・キリング」(イエジー・スコリモフスキ監督)▽男優賞=ビンセント・ギャロ(「エッセンシャル・キリング」)▽女優賞=アリアーヌ・ラベド(「アッテンバーグ」)▽新人俳優賞=ミラ・クニス(「ブラック・スワン」)▽撮影賞=ミハイル・クリシュマン(「サイレント・ソウルズ」)▽脚本賞=アレックス・デ・ラ・イグレシア(「トランペットの悲しいバラード」)▽特別獅子賞(これまでのすべての業績に対して)=モンテ・ヘルマン

« 大塚愛さん、妊娠 入籍後初のワンマンライブで明かす | トップページ | 超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金獅子賞はコッポラ監督の「サムウェア」:

« 大塚愛さん、妊娠 入籍後初のワンマンライブで明かす | トップページ | 超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定! »