« 安岡力也、長男の肝臓を移植手術 42時間かけ無事成功 | トップページ | 坂口良子、尾崎建夫との結婚に前向き »

2010年9月 3日 (金)

ジャネット出演の新作映画、11月全米公開へ

メインキャストを演じた映画"Why Did I Get Married Too?"が今年4月に公開されヒットしたジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)だが、同じプロデューサーによる次回作も年内に公開されることが決まった。

http://bmr.jp/video/detail/00000000000000003031.html

"Why Did I Get Married Too?"は、監督/脚本家/俳優として次々にヒットを飛ばしているタイラー・ペリー(Tyler Perry)がプロデュース/監督/脚本/出演した映画で、2007年に公開されヒットした"Why Did I Get Married?"の続編。ジャネット・ジャクソンは主要キャストを演じており、前作に引き続いての出演となった。"Why Did I Get Married Too?"は低予算映画ながら前作以上のヒットを記録している。

そのタイラー・ペリー作品にジャネットは再び出演。1975年の同名舞台を映画化した"For Colored Girls Who Have Considered Suicide When the Rainbow Is Enuf"にまたもメインキャストで出演する。この映画は当初、全米で来年1月14日に公開予定(日本公開は未定)だったが、11月5日に公開を前倒しすることが発表された。ジャネットは、ウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)、アニカ・ノニ・ローズ(Anika Noni Rose)、ケリー・ワシントン(Kerry Washington)らと共演する。また、独特のハスキーボイスで知られ『トレーニング・デイ』『ドミノ』などで女優としても活躍するシンガー、メイシー・グレイ(Macy Gray)も出演が決まっている。一方で、予定されていたマライア・キャリー(Mariah Carey)はドクター・ストップがかかり出演をキャンセル。サンディ・ニュートン(Thandie Newton)がその代役を務めている。なお、演技だけでなく音楽活動にも力を入れたいというジャネットは、"Why Did I Get Married Too?"に主題歌"Nothing"を提供していた。(s)

【関連リンク】
ジャネット・ジャクソン "Nothing" ミュージックビデオ

« 安岡力也、長男の肝臓を移植手術 42時間かけ無事成功 | トップページ | 坂口良子、尾崎建夫との結婚に前向き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャネット出演の新作映画、11月全米公開へ:

« 安岡力也、長男の肝臓を移植手術 42時間かけ無事成功 | トップページ | 坂口良子、尾崎建夫との結婚に前向き »