2010年9月13日 (月)

超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定!

 人気デュオ「コブクロ」が、10月スタートのフジテレビ系ドラマ「流れ星」(月曜・後9時)の主題歌「流星」(11月17日発売)を手掛けたことが分かった。主演俳優・竹野内豊(39)とコブクロは、純愛ストーリーである同ドラマのイメージが「星」で合致。ドラマのタイトルは、同曲の曲名を基に決定する異例の制作過程となった。

 主演の竹野内とコブクロのイメージが、ぴったり重なった。ドラマは、秘密を抱えた水族館飼育員(竹野内)と、上戸彩(24)演じる人生に絶望した風俗嬢の純愛を描き、愛のない契約結婚をした2人が真実の愛に変化していくラブストーリー。

 仮の台本を読んだコブクロの小渕健太郎(33)は、キーワードの「クラゲ」を手がかりに「水族館で水槽を漂うクラゲの映像を見ていたら、そこが宇宙のように見えてきました」と、宇宙に流れる“流星”をイメージした。

 また、竹野内は「クラゲは、子供のときは星に見えるから“星”を(ドラマの)タイトルに織り込んでみては」と同番組の中野俊幸プロデューサーに提案。その翌日に主題歌の曲名が「流星」であることを知った中野氏が「運命を感じて、タイトルを即決しました」。まさかの一致に、小渕も「それはすごい!」と驚いた。

 作詞・作曲した小渕は「流星には、少しもの悲しさも感じていました」とイメージ。「同じ星座を共有する星が待っていて、消えそうになりながらも一人、夜空を駆け抜けてゆく。そんな情景がラブソングに変わりました」とコメントした。

 コブクロと竹野内の連ドラでのタッグは、05年「瑠璃の島」(日テレ系)の「ここにしか咲かない花」以来。「月9」の主題歌は07年「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」で65万枚を売り上げた「蕾」以来2度目。中野プロデューサーは「『蕾』を超える名作を作ってほしい。初めて聴いたときは、感動して鳥肌が立ちました。ドラマの世界観と完全にシンクロしているので素晴らしい化学反応が起きると思います」と大ヒットを期待した。

 

2010年9月12日 (日)

金獅子賞はコッポラ監督の「サムウェア」

 【ベネチア=恩田泰子】今月1日からイタリア北部のベネチアで開かれていた第67回ベネチア国際映画祭が、11日夜(日本時間12日未明)、すべての賞の結果を発表して閉幕した。

 最高賞の金獅子賞は、アメリカのソフィア・コッポラ監督「サムウェア」が獲得。毎日をふわふわと漂うように生きていたハリウッド俳優が、久々に自分の娘と過ごしながら、新たな人生の方向性を見いだしていくまでを自然なタッチで描いている。

 日本からコンペティション部門に出品されていたトラン・アン・ユン監督「ノルウェイの森」、三池崇史監督「十三人の刺客」の受賞はなかった。

 そのほかの主な受賞結果は次の通り。

 ▽銀獅子賞(監督賞)アレックス・デ・ラ・イグレシア=(「トランペットの悲しいバラード」)▽審査員特別賞=「エッセンシャル・キリング」(イエジー・スコリモフスキ監督)▽男優賞=ビンセント・ギャロ(「エッセンシャル・キリング」)▽女優賞=アリアーヌ・ラベド(「アッテンバーグ」)▽新人俳優賞=ミラ・クニス(「ブラック・スワン」)▽撮影賞=ミハイル・クリシュマン(「サイレント・ソウルズ」)▽脚本賞=アレックス・デ・ラ・イグレシア(「トランペットの悲しいバラード」)▽特別獅子賞(これまでのすべての業績に対して)=モンテ・ヘルマン

大塚愛さん、妊娠 入籍後初のワンマンライブで明かす

 今年6月25日に結婚した歌手の大塚愛さんが妊娠3か月であることが11日、分かった。

 大塚さんが同日、横浜で行った入籍後初のワンマンライブで明らかにした。来年4月出産予定で、産後も音楽活動は続けていくという。

「釣りバカ」西田さん・三国さん、谷啓さん悼む

 11日に78歳で急死した俳優の谷啓(たに・けい=本名・渡部泰雄=わたべ・やすお)さんを悼む声が、ともに仕事をした仲間などから寄せられた。

 谷さんはクレージーキャッツのメンバーで、数多くの映画やテレビに出演、“ガチョーン”などの流行語でも知られた。最近、体調を崩していたが、10日に自宅の階段で転倒し、顔や頭を強打。搬送先の病院で脳挫傷のため亡くなった。後日、お別れの会を開く。喪主は妻、和子さん。

 映画「釣りバカ日誌」で、谷さんの部下役として共演した俳優の西田敏行さんは「日本のエンターテインメントの世界において、素晴らしい足跡を残した偉大なる先輩です。谷さんのお人柄とトロンボーンのあの音色を決して忘れません」とのコメントを寄せた。

 また、同じ映画で、谷さんの上司役を演じた俳優の三国連太郎さんも「突然の話で大変びっくりしています。今は言葉がありません」と死を悼んだ。

2010年9月11日 (土)

問い合わせの「嵐」国民的人気を証明

 人気グループ・嵐が全国の小学校などに寄贈した非売品の学校図書「ニッポンの嵐」に、ファンから購入希望の声が殺到していることが10日、分かった。今年4月に国土交通省観光庁から任命された、「観光立国ナビゲーター」の活動の一環である“嵐ブック”だが、問い合わせが相次ぎ、出版窓口の同庁がこの日、急きょ本の詳細について説明する異例の事態に。嵐の5人がその人気を改めて示した。
  ◇  ◇
 「ニッポンの嵐」は、メンバーそれぞれが日本各地を旅して感じたことをつづり、郷土文化などを紹介している。A4変形オールカラーの200ページで、5人の旅路を撮影した大量の写真も掲載されており、ファンならずとも楽しめる豪華な一冊となっている。
 もともと一般販売用に計画されていたが、4月に観光立国ナビゲーターに任命されたことで嵐がボランティア参加する形で、無料の学校図書に変更された。観光庁を通じて今月1日、全国の小・中・高等学校4万校に2冊ずつ、計8万冊を寄贈した。
 すると直後から、同庁には購入を求める一般ファンからの問い合わせが、1日100件ペースで殺到。同庁では、当初から報道向けに発表する予定はなかったが、あまりの反響の大きさに急きょ、本の詳細について報道各社へ資料を配布した。
 大野智ら5人のメンバーもコメントを発表し、「この本を学校の図書室に置いていただき、長く読んでいただけたらいいな、と思ったことが、寄贈図書という形を取らせていただいた動機です」と説明。「子どものころ、図書室で読んだ本はいつまでも心に残っていくものです。学校図書として、長く読まれる本になってくれることを祈りつつ、次世代を担うみなさんが、この本を楽しんでくださることを心から願ってやみません」と期待を寄せた。
 書店では買うことができない国民的グループの“お宝本”。今後、全国の学校の図書室で、話題の中心となりそうだ。

2010年9月 7日 (火)

北野武監督が初の続編製作へ 「アウトレイジ2」

 今年6月に公開され、そのバイオレンス描写が話題になった北野武監督(63)の「アウトレイジ」の続編が作られることが分かった。題名は「アウトレイジ2」。所属事務所のオフィス北野が発表したもので、北野監督の作品としては初めての続編となる。

 関東の巨大暴力団組織の権力闘争を描いた「アウトレイジ」は、過激な暴力シーンや拷問シーンが多いため映倫でR15+指定を受け、第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式参加したものの、上映会場ではブーイングや退席する観客が相次いだ問題作だ。

 それでも、今年6月26日に全国公開されるや、男性客を中心に動員約60万人、興行収入約7億5000万円の好成績を上げた。これに映画興行関係各社が満足したうえ、共同配給会社のワーナー・ブラザースや製作各社が合意して続編製作が決定した。

 初の続編・連作となる北野監督は「アウトレイジ」について「キャストがピタッとはまったし、面白い映画に仕上がったと思う」と自己評価。さらに「でも細かく分析すると出来は合格点ギリギリ。自己採点すると60点だな。より面白く、より楽しめる、より完成度の高いエンターテインメント作品にできたはずだ。この思いを『アウトレイジ2』にぶつけるよ」と新作への意欲をコメントしている。

 オフィス北野によると、前作の正続編になるが、ストーリーやキャストなどは全く未定。平成23年秋の公開を目指して製作準備を進めているとしている。

2010年9月 5日 (日)

菊地凛子、奇才監督と公開熱愛チュ〜

 女優の菊地凛子(29)が映画「マルコヴィッチの穴」などで知られる米映画監督のスパイク・ジョーンズ氏(40)と熱愛中であることが4日、明らかになった。菊地は、ヒロインを務めた映画「ノルウェイの森」(12月11日公開)がコンペ部門に出品された第67回ベネチア国際映画祭に参加中。公式上映後のパーティーでは、ジョーンズ氏とキスするなど、報道陣の目も気にせず?イチャイチャする姿を見せている。
  ◇  ◇
 世界をまたにかけて活躍する菊地に、ビッグな交際が発覚した。
 菊地とジョーンズ氏は、現地時間30日に、米ニューヨークから一緒にイタリア入り。ベネチアでも同じホテルに泊まり、手をつないで歩く姿が目撃されていた。3日の打ち上げパーティーにも菊地はジョーンズ氏を伴って出席。共演したモデル・水原希子(19)に紹介したり、顔を寄せ合ってキスをするなど、人目もはばからずラブラブぶりを見せつけていた。
 関係者によると、菊地は昨年12月、ジョーンズ氏が監督映画「かいじゅうたちのいるところ」のPRで来日した際に、関係者を通じて知り合った。交際は最近始まったという。菊地は現在、米国の芸能エージェントとも契約を結び、東京とニューヨークを往復する生活を送っており、NYでジョーンズ氏との仲を深めたもようだ。
 菊地は07年、米映画「バベル」に出演し、翌年の米アカデミー賞助演女優賞候補となって注目を集めた。同年にはアルゼンチン人男性とのデート姿が報じられたが、すでに破局していたようだ。
 一方のジョーンズ氏は個性的な作品で“ハリウッドの奇才”と呼ばれている。CMや音楽ビデオを多数手掛け、1999年の初監督映画「マルコヴィッチの穴」は米アカデミー賞の監督賞候補にもなった。99年に米映画監督で女優のソフィア・コッポラと結婚、2003年に離婚している。

「X JAPAN」パチンコ発売へ

 ロックバンド、X JAPANのギタリスト、故HIDEさんの親族が経営するエッチアンドピー(H&P社)が、パチンコ新機種「フィーバーX JAPAN」の発売元、SANKYOにパチンコ台の販売禁止命令とコンサートの肖像権無断使用による損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟を取り下げたことが4日、分かった。SANKYOが発表した。

 先月24日にH&P社が「商品販売差止等仮処分命令申立書」を同地裁に提出していたが、正当な権利処理に基づく開発を主張し続けたところ、取り下げたという。

イグニッションが初参加――「TGS2010」出展タイトル最新情報

 9月16日〜9月19日に千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2010(TGS2010)」に関連して、アークシステムワークスとイグニッション・エンターテイメント・リミテッドが出展タイトルを発表した。

 アークシステムワークスは、最新作「アルカナハート3」と「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT」をプレアブル出展するほか、両タイトル開発者によるトークイベントも予定されている。(イベントスケジュールについては特設サイト参照のこと)。

 また、イグニッションは発売予定の「El Shaddai(エルシャダイ) 〜ASCENSION OF THE METATRON〜」を世界に先駆けプレアブル展示するほか、同社の他タイトルの出展も予定している。

2010年9月 4日 (土)

坂口良子、尾崎建夫との結婚に前向き

 女優・坂口良子が3日、東京・新宿のスペースゼロで初日を迎えた舞台「流れる雲よ〜未来から愛を込めて〜」に出演。長年交際中のプロゴルファー・尾崎建夫との“正式結婚”に前向きな気持ちを明かした。作品にかけて“未来から聞きたいメッセージは?”と質問されると「それ(結婚)も聞きたい。私、結婚したの?って」と回答。7月に年内結婚が話題となったが「記事に出たときは背中を押された感じがした。お付き合いは真剣にしてるけど、まだ分かんない」とにこやかに答えた。

«ジャネット出演の新作映画、11月全米公開へ